Share (facebook)

グラビア

1: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/28 10:41:49 ID:HAJH7/k3
文字レスだけじゃ伝わらない、変な画像を見つけたら貼ってみてください。

121: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/03 18:34:03 ID:lTr94lOL
初音ミク・コラボカレー
no title

no title

no title

122: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/03 19:31:06 ID:kEo9Ng9G
>>121
ツインテールじゃない!!

こ の 記 事 の 続 き を 読 む
 

1: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/28 22:59:39 ID:ew0Ufukq
文字レスだけじゃ伝わらない、変な画像を見つけたら貼ってみてください。

743: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/20 18:00:47 ID:AyteFtke
no title

750: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/20 20:35:21 ID:epWg0lnf
>>743
これソースいるの?

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ツシマヤマネコ(埼玉県) 2013/05/30 15:08:56 ID:66A8Njn0P
グラビアアイドル春日彩香(15)が“丸坊主”にしたことが27日、分かった。

 身長158センチ、B80・W61・H86のナイスバディー。最近はDVDなどで活躍中で“おっとり妹系”の春日だが「夏は暑いので坊主にしてみたいと前から思っていて、先々週の金曜日に坊主にしてしまいました」と、
ここのところ暑い日が続いているにしても10代の女の子が坊主にするには衝撃の理由だ。

 ちなみに1000円カットのお店でカットしたそうで「お店のおじさんに五分刈りにして欲しいって言ったら『何か事情があるの?』と聞かれた」とか。
「バリカンでカットされ、けっこうすぐに完成しました」といい、最初の印象は「犬になったみたいと思った」という。本人の希望通り「涼しくなった」というが、
事務所関係者に激怒されて「怒られるのが嫌なので、伸ばしたくないけど今後は伸ばす」そう。普段の生活は「あまり自宅から出ない」という春日。出掛けるときは「ウィッグをつけます」。
春日の家族の反応は「母は『涼しくなって良かったね』と言ってくれた」と。ちなみに今後は「坊主を活かせる女優として活躍していきたい」という。

 所属芸能事務所関係者は「以前から『坊主にしたい』と言っていたが、まさかやるなんて…」と衝撃を隠せないようす。また「DVD発売イベントなどもあり、今後どうしたら良いか不安」だと語っていた。

公式ブログ http://profile.ameba.jp/kasuga-ayaka/ も要チェックだ。

http://www.zakzak.co.jp/gravure/idol/news/20130527/idl1305271130000-n1.htm
no title

no title

no title

no title

no title

61: バーマン(西日本) 2013/05/30 16:38:09 ID:zxyOSQ2u0
>>1
かわいいのに。なんで丸刈りにした?

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

1: ぬこ(新疆ウイグル自治区) 2013/03/09 01:07:51 ID:kVfB/KY5P
キミは“ゆうみ”という美少女を知っているだろうか?
ネットを中心にアイドルファンたちの間で話題騒然となっている、大阪出身・15歳の女のコだ。

リリースするDVDや写真集はインディーズながら秋葉原の店頭で完売となるヒットを飛ばし、
不定期に行なわれる撮影会は告知直後に予約が瞬殺……。
早くも数々の伝説を振りまき、2013年最大の衝撃を予感させる彼女に、自身初となるインタビューを敢行した!

―今、すごい人気だよね! 特にネットでよく目にします。
ゆうみ 自分ではあまりよくわからなくて……(笑)。でも、チラっと見たらネットにはすごく出てました。
うれしいんですけど、少し恥ずかしいなって(笑)。

―熱心なファンも多いみたいだね。
ゆうみ 撮影会には、毎回のようにわざわざ北海道から来てくれる方がいますね。
あとは東京からも来てくれる人がいたり。それに、ウチ(私)の作品を『全部くれ』って注文してくる人もいるって聞きました。すごくありがたいです。

―そもそも、この仕事を始めたきっかけは?
ゆうみ 昔から、写真を撮られるのが好きだったんです。それでグラビアのモデルさんって
お仕事を知って、カッコいいし、自分もやってみたいなって。

http://wpb.shueisha.co.jp/2013/03/04/17457/

no title

こ の 記 事 の 続 き を 読 む

このページのトップヘ