1: マレーヤマネコ(千葉県) 2013/02/23 15:42:33 ID:+znImVnkP
まるでアイドル、愛くるしい笑顔 市川美余…美しすぎるカーリング娘

ルールはよくわからないけど、とりあえず見てしまう。女子カーリングはそんな不思議な魅力を持っている。美しすぎるカーリング娘、市川美余(23)。
氷上に映える整った顔立ち。勝利の笑顔が愛くるしい。人気と期待を一身に背負い、ソチ五輪を目指す。

市川は長野県軽井沢町出身。母親に連れられて小学校2年で競技を始め、1998年長野五輪を見て本格的に五輪を目指すようになった。
美しさが余ると書いた「美余」の名前にちなんで、2008年に中部電力に入社後は「美しすぎるカーリング選手」とネット上で話題が先行した。
実際は毎日の夜間練習と海外遠征で実力を伸ばした努力家でもある。

取材攻勢が市川ひとりに集中した時期もあったが、そんな中でも孤立することなく、主将としてチームをまとめてきた。
「カーリングは、試合を組み立てていくそのプロセスが面白い。各ポジションの役割も細かいし、
プロセスを綿密に練っていくのが最大の魅力です」(中部電力カーリング部公式サイトから)
(続く)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130223/wsp13022307020000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130223/wsp13022307020000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130223/wsp13022307020000-n3.htm

no title

こ の 記 事 の 続 き を 読 む